2013年09月13日

力神の急之舞、その1。

なんとも久しぶりのブログです。
最近はFacebookを始めたのでほぼそちら。
先生方という「友達」に知られるのは恥ずかしいかも、というのはこっちに書いて使い分けようかと。

今度、半能「絵馬」の天力雄命をすることになりましたー。
急之舞です!
配役がなかなか決まらなかったので、先生(※お酒入り)に決めてもらいました!

時間的には一瞬ですが、速いものって本当に難しい!!
覚え始めはなんじゃこりゃー!って思いました。
なんかもう別物やろこれ・・・って感じ。

型を覚えてからは速いのについていくのが精いっぱい。
速いのに慣れると、型が流れていると師匠に注意を受けるように。
キッチリ型をするように努めたら、遅いと。(遅れているわけではないが)
そして毎日練習はしてるもののちぃとも上手くなりません。
今までサボってきていて、一朝一夕で上手くなれると思ったら大間違いなんでけどね!

師匠の力男DVDとにらめっこです。
当たり前ですが、ぜーんぜん違う。

そして困った時のこちら!玉藻ししょう。
http://blogs.dion.ne.jp/tamamo9/archives/8291171.html#more
やっぱり緩急かぁ。
そう思ってみると、師匠の緩急ある急之舞の何とも見事なことよ・・・!

あと手の動きがスパッと刀を切るようにキレがある。
なんか根本的に動きが違う…!
ああもう!難しい!

あと最近気付いたんだけど、この急之舞の運足が間違っているかもということ。
上半身を動かさないように一生懸命摺る事を考えていたのだがなんかちと違う気がしてきた。
昨日練習の時にちょっと違う感じで舞ってみたら、太ももの筋肉がいい感じで使えたような気がした…!
まだ研究中ですが…。

あと2ヶ月、もうちょっと頑張ります!
タグ: 稽古
posted by KIIT at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 能―稽古。