2013年03月21日

紅葉狩無事終了!

紅葉狩ってきました!
本日だいぶお疲れモードです・・・。
節々が痛いっす。

先週日曜辺りから胃腸が悪くなり、徐々に悪化して月、火と半休、早退してしまった。
薬のお力で本番の水曜日までにはよくなって、本当によかった・・・。

さてさて本番ですが、直前までは思ったより緊張はしていなかった。
とにかくはよ出番来て終わってほしかったけど。
不安もあるけど、楽しみもあってはやくはやく!って感じ(笑)
前の時はこんな感じはなかったなぁ。
やっぱシテのプレッシャーって半端ないもんやねんよなー。
今回はツレですから♪

でもさすがに出る直前で緊張しだした。
謡は最初はいい感じにいってたけど、終わりの方だいぶ息が上がってた〜。
今回とにかくちゃんと座っていられるか、無事に立って歩けるかというのがもうそれだけをずっと気にしていた。
今までで本番が一番座ってる時間長かったけど、思ったよりは余裕を持って立てた!
ひたすらじっと座ってスッと立てても、それは観客にはふつうなので、特に褒められることもないのがさびしいよね。
一番頑張ったとこなのに(笑)
でも何事もないとスルーされるということは、ある意味成功なのだからいいんだけどね!

能初めてみた会社で仲良くしている人には、微動だにせず座っててスゴイね!
と言われたよー!

中之舞カカリの合舞。
最初のサシ二足下がってなかったなぁ。
申し合わせも忘れかけてて後で引いたんやけど、本番は下がらなかった。何故?(笑)
あれ?と思ったけど、気にせず続けて舞った〜。
ビデオ見直したらやっぱし下がってなかった・・・。

合舞は、まぁこんなもんだよね!
ってぐらいには合ってた!
今までプロ含めどんな人達よりも合ってたからね!
まぁ同じ能楽部出身の同輩となら完全に合わす事はできたかもしれないけど、うん、こんなものだよ。
十分です。
申し合わせからもう少し日数があればもっと合ってたかとも思う・・・。
でも、それこそピッタリと合ってないと、合ってたね!とは言われないもんなのよね〜;

前半難関はそこそこクリア。
後はあのおもーい重い唐織を脱いで、鬼で登場!
唐織被くのは重いので、出る直前までシテ方が持っていてくれた!すごいサービス!

後は間違えずにうまくいった!
ビデオで見ると、練習してないヘッポコサは見えてたのでやっぱ反省・・・。
ってなったけど。
拍子で上半身揺れちゃってたなぁ。かっこわり!
申し合わせではそんな感じなかったんだけど・・・。

上手く唐織を脱ぎ捨てられたし、一畳台にも上手く飛び乗り、飛び降りできたし良かった!
ほんまに楽しかった!

解説と舞台位置、誰がどこにいてどんなシーンかを書いたものを配布してたんだけど、気付かずに通り過ぎていった人が多かったようでもったいなかった・・・。
手持ちして配布したらよかったかなぁ。
持ってた人にはすごくわかりやすくてよかった!
って言ってもらえた!

実は結構ちゃちゃっとテキトーに作ったものだったんだけど、なかなか好評で玄人の楽屋にはいらんやろと思って、ちょっとしか置いてなかったのに、なんか無くなってたし(笑)
もうちょっと置いといたらよかったなぁ。

結構友人を誘ってて来てくれる予定にしてたのに、当日来れなくなった人が多くてすごく残念だった(;_;)
子ども抱えている子が多いしね〜しょうがない・・・。ほんま今周りベビー超ラッシュ!

あと一週間前に前の会社の人にも宣伝したら、来てくれた!
意外と行きたかったけど予定が・・・また誘って!って言ってくれる人がいてうれしかった!
空いてて行ける人がいたらいいなと思ってて敢えてギリギリに誘ったんだけどね;
予定あるって断りやすいだろうし・・・。
でも今度は前以て宣伝しよっと♪

出演者が多かったし、曲目もレアで面白いので1階は満員、立ち見もいて、2階も埋まってたそう。
会館事務局の人も、素人会でこんなに・・・!ってビックリだったそうな。
すごいね〜超満員見たかったよ〜。
舞台からは見えなかったからなぁ。

今回お花が少なくて、先輩からだけだったんだけど、やっぱお花はうれしいや〜。
いや、お菓子ももちろんうれしいけど!
ってかもう手ぶらで来てもらってもいいんですよ、ほんと!
本当に感謝です!
タグ: 本番
posted by KIIT at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 能―思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63924030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック